人と地域が輝く社会を

 戦後70年の本年、政令指定都市・岡山として7年目を迎えました。私たちは「すべての人が夢を抱き希望輝くまちづくりを」と決意して新たな任期をスタートいたしました。昨年、ESDに関するユネスコ世界会議を成功裏に終え、魅力ある岡山を全世界に発信することができました。また岡山駅前の商業施設の開業が岡山の活力を向上させる契機と捉え、経済や雇用、中心市街地の活性化など市民生活の向上に取り組んでまいりたいと考えています。

 公明党岡山市議団はこのような社会の動きを味方に、昨年5月に人口減少時代に備え、政策提言書「岡山市民未来創生プラン」を発表し、岡山市の優位性を活かし、多様な市民の皆様の要望に応え、ともに支え合う仕組みの構築と暮らしやすいまちを実感できる政策をお示しいたしました。

 今後は市議団一同、市民の皆様とともに力を合わせ、プラン実現のために全力を注いでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

公明党岡山市議団
団長 則武宣弘



人口減少時代に備えての政策提言書
岡山市民未来創生プラン
~ 新たな"生(いのち)"が育まれるまちづくり ~
~ 西川緑道公園・西川アイプラザ ~
 私たちは進展する少子高齢・人口減少時代に備えるため、政策提言書の作成に取り組んでまいりました。平成23 年度に市民1万人への「『岡山のまちづくり』に関する調査」を実施、平成24 年度、平成25 年度と調査、分析を重ねてまいりました。このほど、「岡山市民未来創生プラン」として、市民の皆様にお示しすることとなりました。
写真の西川緑道公園・西川アイプラザは花や緑あふれる空間として親しまれています。
周辺では市民の皆様による多彩なイベントが開催されています。その意味で、市民協働による新たなまちを築いていくこのプランの象徴と位置づけました。「岡山市民未来創生プラン」では市民が主役のまちづくりを、市民の皆様とともに実現させていただくための政策と施策を提言いたしました。私たちがこのプランの案内をさせていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
平成26年5月 公明党岡山市議団
人口減少時代に備えての政策提言書 岡山市民未来創生プラン(概要版)
人口減少時代に備えての政策提言書 岡山市民未来創生プラン岡山市未来創生プラン イメージ図

 そしてこの3つのプランはそれぞれ別のプランではなく、お互いに有機的に影響を及ぼす構成であると位置づけたのが次のイラストです。
 このプランの中核をなすプラン2は、人々が岡山市を選び、ここで暮らし続けるために必要かつ最優先で取り組む政策です。岡山市で生まれ育った人だけではなく、市外・県外から岡山市に来られた方々にとって働きやすい、住みやすい環境を整備することです。それは子どもや高齢者の現在と未来を支えます。
 そのために必要な政策がプラン1で示すインフラ等の整備です。子どもや高齢者をはじめ、市民の皆様の日常を支えることができているのかどうかです。さらにはプラン3で示すように、市民の皆様が使いやすい施設と施策と情報が用意されているかどうかが重要なポイントです。
 この3つのプランの構想図は、少子高齢・人口減少時代を生き抜く、私たちの目指すまちづくりのプラン全体を表しています。


調査情報

PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要となります。
お持ちでない方はこちらでダウンロードをお願いします    Get Adobe Reader